Telmina's notes

野党

昨日日中に、立憲民主党の新代表が決まりました。

 泉健太新代表の下で、立憲民主党の新体制が始まります。

 今回の選挙、個人的には極めて残念な結果となったと言わざるを得ません。

 新代表が自分にとってベストと思っていた候補者にならなかったということもそうですが、それ以前に、投票率が半分を割っていたという頭の痛くなるようなデータが出てきました。

もっと読む…

もうすぐ、立憲民主党代表選挙により、新代表が決まることになります。

 残念ながら自分は党員ではないので投票権を行使できませんが、投票権があれば、SNSでは言及していますが特定の候補者に投票していたと思います。

 ところが、今回の代表選挙、どうも思わしくない方向に進んでいるようです。

 先週より自分は誰が新代表にふさわしいのかというアンケートをSNSで取っています。

 このアンケートではいい傾向になっているのですが、どうも実情はそれと真逆であるようなのです。

もっと読む…

あと一週間で、立憲民主党代表選挙の日となります。

残念ながら党員でない私には投票権はありませんが、それでも自分の支持政党の新代表が決まり、これによってこの党の今後も決まってしまうので、無関心ではいられません。

先ほど、TwitterとMastodon(分散型SNS)におきまして、事前アンケートを実施しております。立憲民主党支持者に限らず、護憲野党を支持する皆さまに、是非ご回答いただきたいと思います。

#2021年 #2021年11月 #2021年11月23日 #政治 #選挙 #立憲民主党代表選挙 #立憲民主党 #野党 #野党共闘 #Twitter #Mastodon #マストドン #Fediverse #SNS #分散型SNS #投票 #アンケート

枝野幸男氏が我らが立憲民主党の代表職を辞する意向を固めてから数日経ちましたが、その反響はものすごいです。

 特に、原口一博衆議院議員のビデオメッセージが注目されています。

 私も昨日の昼休みに何とか時間を作ってメッセージを聴きましたが、現役の国会議員が「#枝野やめるな」と言い、ハッシュタグの拡散を訴えているのは、やはり説得力が違います。

 まだ原口氏のビデオメッセージを視聴していない方、是非とも視聴してください。そしてご自身の感性で、原口氏が何を言いたいのかつかみ取ってください。

もっと読む…

衆院選における野党陣営惨敗と、それを受けた立憲民主党の代表や幹事長の辞任劇で、選挙後も気が気でない生活を送っています。

与党陣営とその補完勢力である維新は、選挙では一言も触れなかった憲法改正(実態は改悪に前のめりになっていますが、選挙で触れなかったということは、とても国民に信を問えないレベルの代物だということです。

すべての日本国民は、日本国憲法と自民党の改憲草案を読み比べ、なんとしてでも自民党が作りたがっている暗黒時代を作らせないようにしましょう。

こちらは、今後の野党共闘にも間違いなく影響を与える、次の立憲民主党の代表がどうなるのかについて気になっております。

もっと読む…

既に報道されているとおり、立憲民主党では枝野幸男氏が代表の、そして福山哲郎氏が幹事長の職を辞任する流れになりました。

 特に枝野氏については、4年前に立憲民主党を立ち上げた張本人ということもあり、賛否共に多数の意見が出てきています。

 中には枝野氏は辞めて当然と言い放つ人もいますが、その一方で、Twitterでは「#枝野辞めるな」というハッシュタグも作られています。それだけ、多くの人から枝野氏の偉業が受け容れられているのだと思います。

もっと読む…

今回の衆議院議員選挙、残念ながら護憲野党陣営は大敗を喫してしまいました。

 マスコミの選挙情勢も大ハズレでしたし、端から見ていても、前回の衆院選、そして直近2回の参院選と比べても、盛り上がりに欠けていたのは否めません。

 そもそもマスコミが選挙に目を向けさせないように卑劣な手を使っていたのも大問題。2009年の政権交代の時はずいぶんと当時の民主党を持ち上げていたのですが、それがまるでウソであるかのようです。

 さて、選挙大敗から一夜明けた昨日、今回の大敗を受けて、立憲民主党の代表や幹事長の辞任劇に発展する見通しです。

もっと読む…

衆議院議員選挙の大勢が出てきましたが、護憲野党支持者としては極めて残念な結果となってしまいました。

  • 自民単独過半数確保
  • 自民補完勢力大躍進
  • 護憲野党勢力伸び悩み

 今から頭を抱えたくなってきます。

 さらに個人的には、私の住む東京都千代田区も含まれる東京都第1選挙区(東京1区)において、野党統一候補だった海江田万里氏が選挙区で落選してしまったということもショックでした。与党に不満を持つ人の一部が維新支持に流れてしまった模様です。

 小沢一郎氏、中村喜四郎氏といった重鎮クラスも落選していますし(それは与党にも当てはまりますが)、立憲民主党代表の枝野幸男氏も、勝てたには勝てたものの辛勝でした。

 自民党の議席をいくら大幅に削れたとはいっても、敗北に代わりありません。

 海江田選対は、そして護憲野党各党は、今回の選挙結果についてしっかりと総括し、また今日から次の選挙に向けて始動してください。

 次の国政選挙は来年の参議院議員選挙です。それまでに、さらに市民と野党の共闘を強化して、参議院を真の意味で良識の府となるように戦略を立てて欲しいです。

もっと読む…

昨日は予告通り、東京都第1選挙区(東京1区)から野党統一候補として立候補している、立憲民主党の海江田万里氏の街頭演説に足を運びました。

 海江田氏とのグータッチに失敗したお馬鹿さんがいたと思いますが、それが私です(ぉぃ)。

 そのときの様子をTwitterで雑にレポートしております。ご興味のある方はご一読願います。

 今回私は、早稲田でおこなわれた街頭演説にのみ足を運びました。が、そのあとの若松町にもいけばよかったかなと少しだけ後悔しております。

もっと読む…

いよいよ、明後日、衆議院議員選挙の投票日です。

 今回、選挙期間が異様に短いということもあるのですが、先週末も立候補者の演説を聴くことが出来ず、このままでは一度も演説を聴くことなく投票日を迎えるのではと恐れおののいていました。

 今日、私は休暇を取得しております。仕事で連日ストレスがたまってリフレッシュしたいからというのが第一の理由ですが、第二の理由として、出来れば平日に候補者の演説を聴きたいということがあります。2016年の参院選の時は平日夕方に演説を聴きに行く機会もあったんですけどね…。

もっと読む…