Telmina's notes

Twitter

いよいよ、明後日、衆議院議員選挙の投票日です。

 今回、選挙期間が異様に短いということもあるのですが、先週末も立候補者の演説を聴くことが出来ず、このままでは一度も演説を聴くことなく投票日を迎えるのではと恐れおののいていました。

 今日、私は休暇を取得しております。仕事で連日ストレスがたまってリフレッシュしたいからというのが第一の理由ですが、第二の理由として、出来れば平日に候補者の演説を聴きたいということがあります。2016年の参院選の時は平日夕方に演説を聴きに行く機会もあったんですけどね…。

もっと読む…

昨日は静岡、山口で参議院議員選挙の補欠選挙がありました。

 Twitterでは「当選確実」というキーワードがトレンド入りして、その中で2つの補選について言及されていました。

 静岡では立憲民主党や国民民主党が推薦した無所属の山崎真之輔氏に、山口では自民党元職の北村経夫氏に、それぞれ当確が出ました。

 補選では引き分けとなりましたが、これで今週末に控えている衆議院議員選挙において野党陣営が勢いづくのは間違いありません。

 今回特に個人的に象徴的と思えたのが、先ほどのTwitterの「当選確実」という一連のツイート群において、執筆時点では野党系候補者が勝利を収めた静岡の補選に関するツイートが大半を占めていたという点です。

 まあ、自分がTwitterでフォローしている政治系の論者の大半がいわゆる左派、リベラルで、今回の衆院選でも野党系に投票する層だということがあるのですが、それにしても山口の補選についてはあまり取り上げられていないようです。もっとも、山口はいわゆる保守王国なので、自民系が勝って当然と思われているのかも知れませんが…。

 個人的には、今回の静岡での勝利が野党系にとって追い風となってくれればと、願わずにはいられません。とはいえ油断は禁物。むしろ各陣営の引き締めとさらなる支持拡大を図って欲しいです。

もっと読む…

こんにちは。風邪の症状が悪化しつつあるテルミナ™です。

 今日は、せっかく地元の東京1区から立候補している海江田万里氏の演説でも聴きに行きたいと思っていたのですが、今日の海江田氏の演説予定に千代田区が含まれていないことや、風邪が悪化しつつあることなどがあり、残念ですが見合わせます。

 昨日言及した秋葉原の某イベントへの参加を断念したのも、体調が良くないことを考えればむしろ正解だったかも知れません。

もっと読む…

先ほど、何の気なしにTwitterを眺めていたら、こんな見出しが飛び込んできました。

 日本では芸能人が政治的な発言をすることが半ばタブーのようになっていますが、それにもかかわらず多くの方が声を上げたということそのものに対しては、心から歓迎したいと思います。

もっと読む…

私が政治、とりわけ選挙において大いに参考にさせていただいている識者の中に、一度だけ国会前の抗議集会でご一緒させていただいたことのある早稲田大学の小原隆治先生がいらっしゃいます。

 今回の選挙では、野党支持者としてはいろいろと頭の痛くなるような話も出てきていますが、小原先生による下記の記事に端を発する一連のツイートにも考えさせられました。

もっと読む…

今日は鉄道の日。しかし祝日ではありません。そして自分自身も今日は電車に乗る予定はありません。

 また、昨日はPS5にSSDを増設しましたが、これについては後日述べるかも知れません。

 閑話休題。今月末の衆議院議員選挙に向けて、各党、各陣営が動き出していることと思います。

 我らが東京1区の海江田万里氏の陣営も例外ではありません。

もっと読む…

今月末の衆議院議員選挙に向けて、各陣営が動き始めています。

 私の住む東京都千代田区を含む東京都第1選挙区(東京1区)では、やはり今回も立憲民主党の海江田万里氏が立候補するとのことです。

 また、自分は既に比例代表では日本共産党に投票することを決めています。

 ですので、今回の衆院選における私の投票先は、既に確定しました。あとは投票日を待つのみです。

もっと読む…

1ヶ月近く前に、自分はこんなことをブログに書いていました。

 Twitterを覗いていたときにも、「新型コロナウイルス感染予防 マスクの効果について」というトピックにおいて、厚生労働省がこんなツイートをしています。

 そこまでわかっているなら、国や自治体も少しは自分たちでゼロ密に向けて動いてくださいよ。国民にお願いという名の命令をするんじゃなくて。

もっと読む…

2021年9月10日(金)から1週間、TwitterおよびMastodon(分散型SNS)におきまして、標題のアンケートを実施しておりました。

 締め切りから丸一日以上経過してしまいましたが、最終結果を報告致します。

もっと読む…

年内に衆議院議員選挙が控えていることもあり、昨今、Twitterの政治系アカウントの動きも活発になっています。

私のように昨今自力でツイートする機会が減っているアカウントからも、その動きを検知することができます。

さて、この手の動きが活発化すると、あちこちで妨害工作や足の引っ張り合いが起きてきます。

もっと読む…