Telmina's notes

貧困

2月14日。日本人が金銭面でも精神面でもすっかり貧しくなってしまったことを思い知らされる日です。

 本来、2月14日は、異教の聖人が殉職した日であり、喪に服さなければならない日であるはずです。たまたまこの日殉職した聖人の名を取って、「バレンタイン・デー」などと称していますが、日本では菓子業界のための莫迦騒ぎの日に成り下がっています。

 よりにもよって聖人の殉職した日に、もはや日本では高級品となっているチョコレートなどをプレゼントする日などと、菓子業界はでっち上げていますが、こんなのは鉄道会社が始めた初詣と同様、偽伝統であり、わざわざ悪意を持って広められたこのような偽伝統のために我々庶民がなけなしのカネを払って高級品であるチョコレートを買う必要など、どこにもありません。まだ、堂々と商業イベントを謳っている11月11日の「ポッキー&プリッツの日」の方が1万倍はマシです。

 だいたい、チョコレートなんてものは、第二次世界大戦敗戦後の日本にとっては、連合国の兵士にたからなければ入手出来なかったほどの貴重品なのです。そんな貴重品にホイホイとカネを出させるなど、日本の菓子業界は越後屋も真っ青のワルです。

After World War II, the Japanese poor children required chocolate for U.S.

This image is created by NMKD Stable Diffusion GUI.

 近年の日本の超物価高によって、チョコレートが高級品であることは今や冗談でも何でもありません。しかも敗戦後の時とは異なり、もはや今後日本が成長して再び経済大国となる見込みはありません。もし万が一、第三次世界大戦が起きて日本が巻き込まれたときは、間違いなくまた戦争に負けて、今度は世界最貧国に堕ちることでしょう。

 それがいやならば、偽伝統にうつつを抜かすなどもってのほかで、もっと政治問題や社会問題に目を向け、政治を変えましょう。最低でも公職選挙で投票することは当たり前で、プラスアルファとして何らかの社会運動への参加が必要です。デモや抗議集会に参加するもよし、地元の国会議員と仲良くするもよし。…昨今自分にはそれが出来ていないので、自戒の意を込めて。

#2024年 #2024年2月 #2024年2月14日 #ひとりごと #雑談 #貧困 #政治

ええと、今日は何の日でしたっけ? 「白い日」でしたっけ?

 金の亡者どものどす黒い思惑が渦巻く、一年のうちで文句なく2番目に凶悪な日ではありますが(ちなみに最悪の日が今日のちょうど1ヶ月前であることはいうまでもない)、名前は実態とは裏腹に潔白っぽいので、これを機に一般ピーポーは、自分たちの住むこの社会を清廉潔白にすることを考えてみましょう。

back view, A tall Japanese voluptuous short-haired intelligent beautiful girl praying in front of the alter, wearing white headband, white hot pants, white tank tops, white long boots.

This image is created by DiffusionBee.

 来月には統一地方選挙が控えています。国政選挙ではありませんのでこの選挙で政権交代が起きることはないとは言え、国政への影響が全くないというわけではありません。

 ぱっと思い浮かぶだけでも、円安、物価高、社会福祉の削減、庶民への締め付けにも等しい増税、性や人種等に対する様々な差別問題等々、我々庶民の生活は圧迫されています。これらは全部政治に大きく絡む問題です。

 我々の暮らしをこれ以上悪化させないためには、政治を変える必要があります。そしてそのためには、現政権やその補完勢力を少数派に追い込み、真に庶民の代表として働いてくれる首長を自治体の代表に選び、また、真に庶民の代表として働いてくれる代議士を多く議会に送り込む必要があるのです。

 選挙を棄権するということは、自分はおろか周囲を巻き込んで地獄に引きずり込むに等しい愚挙です。地獄の業火に焼かれたくなければ、そして他人を地獄に放り込む気がないのであれば、最低限選挙で投票するぐらいは当たり前のように出来なければなりません。

 この社会を清廉潔白に出来るかどうかは、我々全有権者に掛かっているのです。

#2023年 #2023年3月 #2023年3月14日 #ひとりごと #雑談 #貧困 #政治 #社会 #選挙 #統一地方選挙

世間一般では、今日はチョコレートをプレゼントする日であるようです。

 しかし、かつて日本ではチョコレートは贅沢品でした。

 第二次世界大戦で敗戦した日本では、戦後しばらくの間、貧困のあまり、こどもたちが米兵に向かって「Give me chocolates!」と、チョコレートを求めていました。

 私自身は当時はまだ生まれておらず、伝聞でしかそのときの状況を知ることが出来ません。

 しかし、昨今の円安、物価高、社会福祉削減のトリプルパンチが庶民を襲っている現代日本では、米兵に向かって「Give me chocolates!」と叫んでいた時代とどこか重なるものがあるように思えてなりません。

After the World War 2, Japanese poor children tell soldiers of the United States, "Give me chocolates".

This image is created by NMKD Stable Diffusion GUI.

 戦後日本は貧しい中から立ち上がり、かつては経済大国とまで言われていました。

 残念ながら、今後日本が再び経済大国と呼ばれる日は来ないと思います。とはいえ、円安、物価高、社会福祉削減という人災を断ち切るために、政治を変えましょう。

 統一地方選挙で、真に市民の代表となる政治家を多く誕生させ、貧困の鎖を断ち切るための第一歩を踏み出しましょう!

#2023年 #2023年2月 #2023年2月14日 #ひとりごと #雑談 #貧困 #政治