選挙では必ず自分の意思で投票を!

既に衆議院議員選挙の期間に入っています。

 中には、既に期日前投票を済ませたという方もいらっしゃるかも知れません。

 私は既に選挙区(東京1区)、比例共に投票先を決定済みではありますが、あえて期日前投票はせず、投票日当日の10月31日に投票したいと思います。


 さて、選挙、特に国政選挙になると、必ずと言っていいほど、インターネット上に有害情報を振りまく輩が出てきます。

 どこの馬の骨ともわからぬ奴が投票率を下げようとしたり選挙をことさらにつまらないものに見せようとしたりするためにくだらないことを吐いてきます。

 今回の衆院選期間に入ってからはそのほとんどを私はまだ目撃していないものの、過去にあった事例も含めると、このような有害情報の出現は容易に予想されます。

 それらに対してはすべて無視し、サイト運営者への通報が可能なところでは遠慮なく通報してしまいましょう。

 あと、組織票に加担することが要求されている人は逆らいましょう。大抵、組織票に加担することで、あなた方自身の人権がどんどん狭まってゆきます。

 そう言えば、自分は近年、投票所で「写真撮影禁止」という掲示を見ることがありますが、これは組織票に加担した証拠を求めてくる一部の悪の組織に対する言い訳として非常に重要だと思っています。

 選挙はあくまで有権者個々人の清き一票を投じる場です。

 自分も他人(主に親戚だが)に対し「●●に投票しよう」と言うことはありますが、そのようなアドバイスを受けたことのある人も、鵜呑みにはせず、ご自身できちんと調べた上で、ご自分の意思で投票先を決めましょう。

 最低でも下記の点について心掛けた上で、投票日当日はきちんと投票しましょう。

#2021年 #2021年10月 #2021年10月22日 #政治 #選挙 #衆院選 #衆院選2021 #衆議院議員選挙