【Mastodon】「LIBERA TOKYO」ユーザ登録時のお願い(2022年1月10日版)

私は、分散型SNSプラットフォーム「Mastodon」におきまして、リベラル(自由主義者)向けコミュニティ「LIBERA TOKYO」を運営しております。

 昨日、このコミュニティに対し、ユーザ登録申請が1件ございましたが、「意気込み」の文字数が規定に達していないという理由で、却下しております。

 過去の経緯により、当コミュニティでは誰でも登録可脳とはしておりません。「LIBERA TOKYO」へのご登録を検討中の皆様におかれましては、今一度、後述の2点についてご一読、ご理解いただいた上で登録の再検討をお願いいたします。

 基本的には、昨年公開した記事「当方運営のMastodonコミュニティにおける今後の運営方針とお願い(2021年5月23日時点)」のとおりでございますが、そちらを既に読まれている方も、改めてご確認をお願いいたします。


「意気込み」の記入に関するお願い

 1点目は、これは従来からの繰り返しになりますが、「LIBERA TOKYO」のトップページから(招待制を適用せずに)ユーザ登録される際、必ず「意気込み」をご記入願います。このときに、あまりにも短すぎると登録是非を判断できませんので、最低でも120bytes(半角120文字あるいは全角60文字相当)以上でご記入ください。

 他のMastodonサーバと比べて厳しい措置であることは百も承知ですが、サーバのテーマの関係で、残念ながら誰でも歓迎というわけには行きません。現に過去には何度も、あからさまに趣旨に反する目的のユーザ登録がありましたので、それを可能な限り防ぐという観点からも、そうせざるを得ません。

 もし、「LIBERA TOKYO」へのご登録を希望される方で、他のSNS等で既に「LIBERA TOKYO」のユーザ様と繋がっている場合は、可能な限り、当該ユーザ様に対し「招待状」の発行をご依頼いただくことを強く推奨します。

招待状の発行につきまして

既に「LIBERA TOKYO」に参加されているお知り合いの方がいらっしゃる場合

 その方に直接、招待状の発行をご依頼ください。

 「LIBERA TOKYO」では、管理者以外の一般ユーザに対しましても、招待状の発行を許可しております。

LIBERA TOKYO」管理者(私・テルミナ™)と他のSNSで相互フォローである場合

 Twitterもしくはほかの「Mastodon」コミュニティで私・テルミナ™のアカウントと相互フォローとなっている方がこれに該当しますが、この場合も上記と同様、私に直接招待状の発行をご依頼ください。なお、その際、必ずダイレクトメッセージにてご依頼いただきますようお願いいたします。

 なお、相互フォローになっていない方からのご依頼につきましては一切受け付けません。

上記のいずれにも該当しない場合

 条件を満たした上で、改めて招待状の発行をご依頼ください。

管理者アカウント等へのフォローのお願い

 Mastodon v3.3.0 までは、新規ユーザ登録時に、サーバ管理者が定めたアカウントを自動的にフォローするようになっていました。

 通常、多くのサーバ管理者は管理者アカウントに対して自動フォローするように設定しています(これがMastodonの初期設定でした)。

 「LIBERA TOKYO」ではこれに加え、告知アカウント「 @LiberaInfo@libera.tokyo 」も自動フォローの対象に追加しておりました。

 ところが、 Mastodon v3.4.0 以降では、管理者アカウント等を自動的にフォローする仕組みが廃止され、代わりにフォローを推奨するアカウントという扱いになりました。

 つきましては、今後「LIBERA TOKYO」にユーザ登録をされる方は、誠にお手数ではございますが、下記の3アカウントに対するフォローをお願い致します

 特に、管理者アカウントと告知アカウントに対しましては、必ずフォローをお願いします。また、それらに対するブロックは禁止とし、ブロックしていることが判明した場合は理由の如何を問わず今後のご利用や再登録を禁止します。

#2022年 #2022年5月 #2022年1月10日 #Mastodon #マストドン #分散型SNS #SNS #Fediverse #LiberaTokyo

LIBERA TOKYO