A40 TRヘッドセット + MIXAMP PRO TR を導入してみた。

昨日私はついに、「ASTRO A40 TR Xboxヘッドセット + MixAmp Pro TR」を買ってしまいました。

 なお、昨日はエイプリル・フールでしたが、昨日それを買ったのは紛れもない事実です。


Nintendo Switchの制約に振り回される複雑怪奇な接続

 購入した目的はもちろん、「モンスターハンターライズ」でオンラインプレイするときに音声チャットしながら狩猟するためです。

 結論から言いますと、まだ音声チャットそのものは試せていないものの、次の構成で無事音声がミックスされてヘッドセットに出力されることを確認できました。

 なお、SwitchとMIXAMPの間に挟んでいるUSBハブは「U3H-S418BBK」、USB切替器は「4x4対応 USB 3.0 周辺機器共有スイッチ」2台です。

 なぜこんなクソ面倒くさい接続の仕方をしているのかといいますと、自室が手狭で、パソコン4台(テレワーク用の端末含む)とPS5、Nintendo Switchの合計6台の機器でキーボード等を共有しており、しかもUSB接続した機器の一部については、使用しないとき(特にテレワーク時)には物理的に接続を切る必要があるためです。そのためにわざわざ個別スイッチ付きのUSBハブ「U3H-S418BBK」が必要になったというわけです。

 今回はここにMIXAMPと接続するためのUSBケーブルを繋ぎました。これで、物理的に端子を抜き差しすることなく、手元のスイッチでMIXAMPを使うか否かを切り替えることが出来ます。

 Nintendo Switchは、サラウンド音声はHDMIケーブルからしか出力されず、しかもヘッドホン端子あるいはUSB端子にヘッドホン等の音声出力デバイスを接続すると強制的にそれらが優先されてしまいます。そのため、音声チャットをしないときにサラウンド音声を楽しむためには、MIXAMPとの接続を切る必要があります。しかしそのたびに毎回ケーブルを抜き差しすると端子が摩耗してしまいますので、手元のスイッチでワンタッチで切り替えられるようにしたかったのです。

初期設定は面倒

 MIXAMP設置作業中に、A40のマイク部分を紛失するというアクシデントに見舞われましたが、何とか見つけることが出来、ヘッドセットに差し込みました。

 実は、私がA40+MIXAMPを購入するにあたって、事前に次の動画を確認していました。

 しかしそれでも最初のうちはまごついてしまいましたが。

 この動画はPC用の「ASTRO COMMAND CENTER」アプリケーションの設定の他に、Nintendo Switchでボイスチャットをするための接続方法も3通り解説されています。自分はこれを見て、最終的にMIXAMPを購入することに決めたのですが、よくよく考えたら4極プラグのヘッドセットをそもそも持っていなかったので、ヘッドセット同梱版を買うことにしました。

 この動画の存在も、先日ヨドバシ.comで自分が投稿した質問に対する回答としてご教示いただきました。ありがとうございました!

実際の使用感のレポートは週末にでも。

 まだボイスチャットをしていないので、A40+MIXAMPの本領を発揮できていませんが、今週末にゲーム好きが集まるMastodonコミュニティ「gamingjp.org」の参加者と一緒に集会所クエストを進める予定ですので、そのときの使用感をレポートできればと思っています。

 まず、少し使用した上での感想をば。

 A40+MIXAMPで音声チャットできる日が来ることを楽しみに生きてゆくことにします。

#2021年 #2021年4月 #2021年4月2日 #A40TR #MixampProTR #NintendoSwitch #ゲーム #モンスターハンター #モンスターハンターライズ #MHR #音声チャット #ボイスチャット #ヨドバシカメラ #SNS #分散型SNS #Fediverse #Mastodon #マストドン