Nintendo Switch有機ELモデル、ファースト・インプレッション

以前より何度か申し上げておりますが、ついに昨日、自分の手元にも「Nintendo Switch(有機ELモデル)」が届きました。

 なお、今回私はこのゲーム機を通常とは異なる方法で入手しております。

 そう。ヨドバシ.comの「夢のお年玉箱2022 ニンテンドースイッチ(有機EL)の夢」に含まれる商品の一つとして入手しました。

 今回このお年玉箱に同梱されていたのは次の商品です。

 …ソフト4本とマスクは全部要らないんですけど。😭

 モンハンは既に所持している、というより3月時点でソフト同梱の限定版本体を入手済みのため、もはや必要ありませんし、ほかの3本のソフトもすべて興味ありません(桃鉄に至っては自分の性格上最後まで遊び尽くすことはあり得ない)。

 こんなことなら普通に本体だけ買ったほうがよかったです(汗)。


 先述の通り既に3月時点で私は一度Nintendo Switch(従来型モデルのソフト同梱版)を購入済みで、こちらについては手放すつもりがないため、Switch本体が手元に2台あることになります。

 そのため、3月に購入しているほうの本体を自宅専用、今回入手した有機ELモデルを外出用と使い分けることにしました。

 なお、それぞれの本体の設定については、下記の記事に従っておこないました。

 で、外出先などでこの新型Switch本体を使っていくつかゲームをプレイした感想としては、こんなところでしょうか。

 ここで4番目に述べているカバーについてですが、自分は下記商品を買いました。

 これに限ったことではないのですが、カバーを装着するとどうしてもカバーの厚みでボタン操作をしづらくなってしまうのは仕方ありません。しかしこれは、特にパズルゲームをプレイするときには致命的となります。

 そこで私は本日、ボタンに下駄を履かせるために下記の商品を購入しました。

 なお、この商品、方向キーのアタッチメントもあるのですが、私はそれを使わず、Joy-Conの左右共に独立したボタンのパーツを取り付けました。

 おかげで、パズルゲームのプレイもはかどるようになりました。

 これで、電車での移動中におけるプレイも少しは快適になりそうです。

#2021年 #2021年12月 #2021年12月30日 #NintendoSwitch #ゲーム #ヨドバシカメラ #ヨドバシドットコム #夢のお年玉箱