自作ゲーム向けに自力で作曲するとは言ったものの…(その2)

今日は敗戦記念日。言わずもがな、1945年の今日は日本がようやく連合国に降伏して第二次世界大戦が終結したとされる火です。

 あれから76年。当時を知る人が少なくなっている反面、近年の体制側による戦争賛美に対しては危機感を抱いております。

 戦争など起きようものなら、創作活動もオタク活動も出来なくなります。その点からも、表現の自由を大事にしているはずの人々が戦争も賛美しているというのは矛盾しか感じません。


 冒頭が長くなりましたが、一応創作活動をおこなっているものの端くれとしても、創作できる環境、創作できる社会は失ってはなりません。

 何度も申し上げておりますように、現在私は、創作活動として、「RPGツクールMZ」を用いて自作ゲームとしては第5弾となる予定の作品を鋭意制作中です。その一環として、ゲーム内で使用する楽曲の一部を自作しなければならなくなり、Nintendo Switch向けの音楽制作ソフト「KORG Gadget for Nintendo Switch – MUSIC PRODUCTION STUDIO」を用いて半人前の作曲活動もおこなっております。

 昨日時点で、自分が作ろうとしていた楽曲が当初の脳内イメージと合わないなどとぼやいておりました。

 その後昨日は1日掛けて、何とか脳内イメージに近いものに仕上げるところまでは行きました。暗くジメジメとした重苦しい雰囲気も(ある程度)出せるようになったと思います。

 おそらくまだ修正の余地はあるとは思いますが、ゲーム制作そのものを優先させるために、仮の状態で「RPGツクールMZ」のプロジェクトに読み込ませてみました。

 作曲をしてみて、「KORG Gadget for Nintendo Switch – MUSIC PRODUCTION STUDIO」のコツも少しはわかってきたのですが、それと同時に、いろいろと不満点も出てきました。

 とはいえ、「KORG Gadget for Nintendo Switch – MUSIC PRODUCTION STUDIO」が(作曲法も音楽理論もろくに知らない自分にとっても)ゲーム制作の幅を広げてくれたのも事実です。今後も度々使ってゆこうと思います。

#2021年 #2021年8月 #2021年8月15日 #ゲーム #RPGツクール #RPGツクールMZ #NintendoSwitch #KorgGadget #iOS #iPhone

KORG Gadget for Nintendo Switch